読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジカメと電子玩具に戯れる日々

BDドライブを新しくした。

今まで使っていたIOデータの外付けBDドライブがすこぶる調子が悪くなったので
新しく買い替えた。

最初のうちは大丈夫だったんだけど、焼いていくうちにいつからか
「ATAPIエラー」を焼き始めに吐くようになる。

上記のエラーを調べてみるも原因の特定が難しい模様。
焼くソフトや常駐物をはずしてみてもダメ。
こいつのおかげで昔、CD-Rを等倍でビクビクしながら
焼いていたころを思い出してしまったわ。
メディアもいろいろ変えてみたりしたが、改善されず。

最近焼いてみたところ、SONY製のディスクでも最後のクローズ処理中のところで
エラーを吐きやがりました
ので、IOデータ製のこのドライブを
破壊したい衝動を抑えつつ中古屋にドナドナしてきましたw
(最後の最後でw 味なマネしやがって^^;;;)


さすがにね、
結構値の張るBDディスクを何枚も失敗されちゃ
堪忍袋の尾がキレますわ。

撮影したしたRAWデータを保存するので、耐久性の低そうな
安メディアを使うわけにもいかないし。
50GBのディスクを使いたいけどまだ高いし。
しばらくは25GBメインだなぁ。
これに懲りて、このメーカーのドライブはよほどのことがない限り
もう買わんでしょうなぁ。
(日立LG製のドライブももう買わんわ……)


というわけで次は、どこにしようかと物色してみたところ
外付けのBDドライブを物色していたところ、
外付けはIOとバッファローばかりなのねぇ。
焼きマシンは写真の編集にも使っているXPノート君。
外付けだったら、ほんとはSATA か USB3.0 にしたいとこですが
PCI express34 とUSB2.0しかついてないし、
34用カード買わんきゃいけんし
他のノートPCにつけるときにめんどくさいのでUSB2.0です。^^;


で、出来合いの外付けBDドライブを探すとほとんどが、
日立LGかオプテック製。
焼き品質に定評のあるパイオニア製は無いんだ……涙。


無ければ内蔵用BDドライブと外付けケースで
作るしかないということで買ってきました、
ラトックから出ている
RS-EC5EU-BK 外付けケースと
バルクのパイオニア製BDドライブ BDR-206


合計で¥23,000ほど。
さっそく組み立て。プラモデルよりも簡単です。
ソフトはバルクドライブについてきた
サイバーリンク製のPower2Goという焼きソフトをインストール。
で、ドライブのファームを見てみると1.02と古かったので
1.05にファームアップしとく。
(1枚も焼かずにファームアップですがw)
USB経由でファームアップにドキドキだったが無事終了。


早速、データを1枚焼いてみる。
メディアは、IOデータの外付けBDで必ず失敗していた、
TDKのBD-R(25GB)を使って4倍で焼いてみた。
結果、問題なく成功!
ViewNX2の読み込みにも問題なくデータ化けも無い模様。
まだ1枚だけなので安心できないが、とりあえずメディアの無駄死にから
解放されるのはありがたい。