読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジカメと電子玩具に戯れる日々

第7師団創隊59周年・東千歳駐屯地創立60周年記念行事・・・その2

80-400mm Nikon D4S 戦車道

f:id:dualmoon:20140710034333j:plain:w900
Nikon D4S + AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR 2014/05/25 東千歳駐屯地記念行事 90式戦車 訓練展示

記事を書いてから一か月以上下書き保存していたので^^;公開することに。

f:id:dualmoon:20140710034341j:plain:w900
Nikon D4S + AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR 2014/05/25 東千歳駐屯地記念行事 73式装甲車 観閲行進準備

今回、シャッター速度は前年と違って1/160~200,320で撮ってみた。
80-400の望遠ズームを使っているが、手ブレ補正機能付きのレンズでも焦点距離が300mm以上だと
1/200でも動体に対してはかなり厳しい感じだった。
(ちょっとした要素でブレる)
この日は幸い風は無風状態に近かったので、風に対するブレの注意はほとんど気にしなくてよかった。
(最初は。訓練展示終了近くは風が強かった)

f:id:dualmoon:20140710034337j:plain:w900
Nikon D4S + AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR 2014/05/25 東千歳駐屯地記念行事 90式戦車 訓練展示

写真のヒット率は前回より落ちている。
1/400や1/500だとピントの合っている率は格段に高いのだが
今回は写真に動きをつけたかったので、あえて低速で撮ることにした。
結果は連射していて正解な感じで、よく使用した望遠側では10枚撮ってたら6枚ぐらい失敗という結果^^;
(あんま笑えない。)
もう少し脇締めて撮れ…と思うが、シャッターチャンスが怒涛のごとく押し寄せるし、
頻繁に上半身を左右に振ってるせいかホールドが甘くなるねー(笑)

f:id:dualmoon:20140710034339j:plain:w900
Nikon D4S + AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR 2014/05/25 東千歳駐屯地記念行事 89式装甲戦闘車

数打ちゃ当たる方式で撮ったので、撮影枚数が航空祭並に多くなった。
もちろん、単なるトリガーハッピーではなく^^;、たくさん撮って最高の1枚を得るため…である。

XQD 32GB ×2 (100%と75%)
XQD 16GB ×1 (100%)
CF 32GB ×1 (100%)
SD 32GB ×1 (70%)

その4ぐらいまでいけるか?(汗)

f:id:dualmoon:20140710034334j:plain:w800
Nikon D4S + AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR 2014/05/25 東千歳駐屯地記念行事 90式戦車 訓練展示

今回の撮影枚数はおよそ4000~4500枚ぐらい。
(3~4割くらいは消去するけど)
富士学校のときと同じく観閲行進前に車両が並んでいるので、テンション上がってつい200枚以上撮ってしまったりする^^;
観閲行進前に車両が移動するときとか、本番始まる前に32GBの容量の7割くらいを消費してしまうのである。
フィルム機じゃなくてよかった…^^;

f:id:dualmoon:20140710034335j:plain:w500
Nikon D4S + AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR 2014/05/25 東千歳駐屯地記念行事 92式地雷原処理車 訓練展示

↑こんなのを発射するのは総火演とココぐらい。
場所は絞ってたけどシャッター速度上げるの忘れた(涙)

ここ数年、すごく天気がよく天候に恵まれているが、会場は午前中逆光の状態。
それでも、今年、D4Sで挑戦してみて思ったのは逆光でも影の部分結構粘るね…という感じだ。
トーンカーブで持ち上げると黒つぶれなくディテールがあるし、元のカラーが出てくる:RAW保存時)
昨年D4で撮っていても影の部分は、黒い点の出るカラーノイズは結構抑えられている感じだったが
D4Sではさらにその上のいく感じの画質だなぁ…と感じた。

(アクティブDライティングはいつもOFFで使っていても。っていうかOFFでしか使ってない)
現場で背面液晶で確認すると結構真っ黒く写るので、あちゃーと思うのだが家のノートPCで見ると
問題な無かったりするので、早く晴天下ではファイダー内で撮影画像をプレビューできるようにしてほしかったりする。
ミラーレスになんない限り無理か。
(α7などのミラーレス機はこれが結構すぐれてるなぁと思ったりする)

f:id:dualmoon:20140710034340j:plain:w900
Nikon D4S + AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR 2014/05/25 東千歳駐屯地記念行事 90式戦車 訓練展示

いつも気になっているのが7師団で装備しているのに展示されない車両がいくつかあるのが
結構気になっていたりする。
隷下の部隊の展示では96WAPCや軽装甲機動車が展示や観閲行進で見かけるのだが
東千歳の記念行事では見かけない。
今年は軽装甲機動車が1台だけ出てきた。
11普連は96WAPCの2型を装備しているけど出てこないね…残念。

f:id:dualmoon:20140710034336j:plain:w800
Nikon D4S + AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR 2014/05/25 東千歳駐屯地記念行事 90式戦車 訓練展示

昨年、観閲行進では74式戦車だった第7偵察隊の戦車が今年は90式になった。
北海道ではほんと74式戦車の希少価値が上がってきている^^;

訓練展示はおおむね、前年と同じ感じだったが、今年は89FVからの降車展開、UH-1Jによる戦闘員の撤収がなかった。(残念…)
それと今回、Amazonで買ったシュアファイアーのイヤープロテクターを使用してみた。
74式は参加しなかったが99式自走榴の一斉射撃音は、ほとんど気にすることなく撮影できた。
(うしろの見学者が大騒ぎしてたが^^;2,300m離れてても、傘についた雨粒が跳ねあがるほどの爆音だからなぁ…耳いためるよ)
効果は完全に音を無音に近づけるのではなく、鼓膜にダメージを与える音の成分をカットする…という感じである。
空砲であれば、こもった感じで大きく聞こえるが、びっくりするような音圧がカットされるという感じだろうか。
花火などの大きい音が苦手な私的にかなりいい感じ。
(あ、花火見物のときにも使えるという手があるか!笑)
映画鑑賞するときにイヤホンで聞く、爆発音に近いかんじがイメージ的に伝わりやすいか。
アメリカでは射撃場で使用されてるくらいの商品なのでなるほどと納得。
柔らかい素材でできてるので耳への負担も軽い感じ。
弱点は、装着がしずらくぴったり耳の穴にフィットさせるのに結構時間をようすることだろうか。
雷の音が苦手、徒競走のスタートの火薬鉄砲が苦手、花火を見るのは好きだけど音が苦手という方にお勧めです(笑)
(全部、俺ですわ^^;)

f:id:dualmoon:20140710034342j:plain:w900
Nikon D4S + AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR 2014/05/25 東千歳駐屯地記念行事 99式自走155mm榴弾砲 撤収中

偽装ネットつけた状態。臨場感あるね。