読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デジカメと電子玩具に戯れる日々

小樽築港のあたりを散歩…

24-105 Nikon D600 なんとなく風景とか バッグ 雑記

f:id:dualmoon:20140902003141j:plain:w900
Nikon D600 + Sigma A 24-105 mm f/4 DG OS HSM 2014/08/31 小樽港マリーナ

日曜日にとある用事で小樽に行き、帰りに小樽築港駅周辺を撮って帰った。
雲はそこそこあったが、日差しがつよく長袖を着て行ったのは誤算だった。
今回は、D4S+70-200mm F/2.8 VR2 + Tc-14e3にD600+sigma 24-105mmF/4 のセット。

写真は石原裕次郎記念館の横にある小樽港マリーナ。
そのうしろに巨大なマストとOPS-24BレーダーのシルエットやMk15 Block1B、イルミネーター、SATCOMアンテナ、ヘリ格納庫らしきものとか見えますが気にしないください^^;

f:id:dualmoon:20140902003143j:plain:w800
Nikon D600 + Sigma A 24-105 mm f/4 DG OS HSM 2014/08/31 JR小樽築港駅 コンコース

カメラバッグはLoweproのアーバンリポーター250を使用。
カメラ2台はやっぱり重い…^^;
それにしても、横に2気室で区切ってカメラ2台、レンズつけたまま収納できる
縦置き専用のショルダーバッグってどっかから出ないだろうか?
蓋がちゃんと2台分別々にある感じのもの。
バッグに2台タテ置きで入れていて、ショルダーバッグの蓋全部めくるのって
結構大変&わずらわしいので、1台ずつ蓋が開けるようなカメラバッグがあればいいなぁ…と
常日頃思っている。
そういうの1つぐらい出してもいいと思うんだけどどこのメーカーも出さないんだよなぁ…。

f:id:dualmoon:20140902003140j:plain:w700
Nikon D600 + Sigma A 24-105 mm f/4 DG OS HSM 2014/08/31 ウィングベイ小樽

場所はJR小樽築港駅から歩いて数分の場所。
ウィングベイ小樽(旧マイカル小樽)の目の前。
すぐそばには石原裕次郎記念館があったりする。
(ヨットが外に展示してある)

f:id:dualmoon:20140902003147j:plain:w800
Nikon D600 + Sigma A 24-105 mm f/4 DG OS HSM 2014/08/31 ウィングベイ小樽

バブリーな時代に出来上がった商業施設で、案の定、
施設のキャパに見合うだけの集客ができず破綻。
いまはイオンなどが入っている複合施設になっているが
イオン以外の場所はあんまし人が歩いていない^^;
(しかも、通路が薄暗い)

f:id:dualmoon:20140902003146j:plain:w800
Nikon D600 + Sigma A 24-105 mm f/4 DG OS HSM 2014/08/31 小樽築港

ヨシモトもあったような気がするけど、いつの間にか撤退してた。^^;
東京のお台場を目指したんだろうけど
周辺人口すくねーし、札幌からも結構離れてるので、
ちょっと買い物や遊びに出かけてくるにはやっぱり遠すぎたんだよなぁ。

f:id:dualmoon:20140902003142j:plain:w700
Nikon D600 + Sigma A 24-105 mm f/4 DG OS HSM 2014/08/31 ウィングベイ小樽

f:id:dualmoon:20140902003145j:plain:w700
Nikon D600 + Sigma A 24-105 mm f/4 DG OS HSM 2014/08/31 ウィングベイ小樽

観覧車もあるけど動いてません^^;
(夜にライトアップされるだけのデカいオブジェになってます)

f:id:dualmoon:20140902003144j:plain:w800
Nikon D600 + Sigma A 24-105 mm f/4 DG OS HSM 2014/08/31 小樽築港

小樽築港駅前にあるマンション。
こんな眺めのいいマンションに住んでみたいよ。
札幌から30分くらいの通勤圏内だし。

f:id:dualmoon:20140902003139j:plain:w900
Nikon D600 + Sigma A 24-105 mm f/4 DG OS HSM 2014/08/31 ウィングベイ小樽

駅のホームからから夕陽に照らされるウィングベイ小樽。
この日は夕陽が綺麗だった。